大阪アメ村のDr. Financial Trader 📈

  1. ビジネス
  2. 45 view

bitFlyerが世界初のSegwit(P2WSH)対応!それに合わせてビットコイン送付の手数料もお得に!

暗号通貨(仮想通貨)元年とも呼ばれている2017年。

ビットコインの急激な価格高騰に+して、アルトコインと呼ばれるその他のコインも勢いを見せている。今年だけでいったいだれだけの億り人が増えたんだろう。羨ましい限りだ!

そしてそのビットコインも本日580,000円台にまで上昇し、国産のモナコインも急激な上昇を果たしている!

モナコイン保持者や狙っている人なら今夜はザイフから目が離せないだろう。

そんな暗号通貨業界からニュースが飛び込んできたのでここでご紹介する。

ビットフライヤーが世界初のSegwit(P2WSH)対応

一体全体どういう意味?!っていう部分なんだけど、

お客様が bitFlyer アカウントからビットコインを外部のビットコイン・アドレスへ送付する際のトランザクションを P2WSH(Pay to Witness Script Hash)方式の Segwit に対応しました。当社が世界初*で採用した P2WSH は数ある Segwit の実装方式で安全性及び技術的難易度が高いもので、アドレスが「bc1」で始まることが特徴です。

Segwit に対応することで、より多くのトランザクションをブロックに含められるようになり、ビットコイン・ネットワークへの負荷の軽減ができます。bitFlyer はビットコイン・エコシステムが今後も安定的に存続し発展することをサポートします。 なお、Segwit トランザクションは chainFlyer で確認することができます。

そういうことらしい(笑)

ビットフライヤーが世界初というこ!

初心者にはなんのこっちゃ?ってことだけど、内容はさておいても、新たなニュースを発信するビットフライヤーが益々知名度を浴びることは間違い無し!っていうのが注目ポイント!

ということは、ビットフライヤーで取り扱われている通貨が賑わいを見せるのも必然。

初心者ならまずビットフライヤーで暗号通貨の基礎や取引を覚えるのが手堅い。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

便乗してビットコインの送付手数料もお得に!

ビットコイン送付手数料を 0.0005 BTC から 0.0004 BTC に引き下げました。
( bitWire は引続き手数料無料です。)

ビットフライヤーで取得したビットコインを他のウォレット(口座)などに移動する際、必ず手数料というものが発生する。

そもそも何故に口座を移動する必要があるのか?の部分について。

例えば海外のウォレットなどは日本円に対応していない取引所もたくさんある。日本では取扱のない通貨を運用したい時、このビットコインでその通貨を購入するという仕組み。

これぞ暗号通貨の醍醐味というか本質。国関係なく通貨関係なく取引ができるのも特徴の1つ。

話題の国産コイン

今話題!国産コインのモナコインならZaifが取引所を開設しているので手数料を気にせず取引ができる。

ちなみに取引の手数料はなんと! -0.01%!

そうマイナスなので取引の度に微量だけど利益が出る。これが他の取引所(販売所)なら仲介の手数料がかかるからえげつない。コインの価格が1〜2円あがっても、結局手数料で相殺されて下手したらマイナスになってしまう。

取引をするなら手数料は間違いなく第一優先に考えて選ぶべき。

ザイフの詳細は下記バナーから御覧いただける。

人気記事 元自衛官が語る自衛隊入隊〜訓練・内部事情まで

人気記事 「バカにするやつは放っておけ」Appleティム・クックの卒業スピーチ

 

ビジネスの最近記事

  1. ワードプレステーマを話題沸騰中のSANGOに変更

  2. 日本語対応BINANCE(バイナンス)の登録方法・使い方!超簡単!

  3. モンスター通貨【TRIG Token (TRIG)】はもう仕込んだか!?

  4. VERGE XVGのWraith Protocol(レイスプロトコル)

  5. bitFlyerが世界初のSegwit(P2WSH)対応!それに合わせてビットコイン送付の…

関連記事

PAGE TOP