Googleアドセンスの関連コンテンツで絶対にやってはいけない注意事項!

先日アドセンスから全アカウント保持者に新しい広告ユニットの「インフィード広告」「記事内広告」が提供された。

Y氏
それらを早速導入してドヤ顔しているY氏(@neverchange1414)です。

アドセンスにはもう1つ広告ユニットがあって、それが関連コンテンツ。

各ニュースサイトなどでよく見られる記事下のオススメ記事。レコメンド機能を搭載した関連記事を表示するシステムのアドセンス版。

この関連コンテンツは全アカウント保持者が使用できるわけではなく、選ばれし者達のみが使用できるまだまだ幻の広告ユニットだ。

関連コンテンツの条件

先程も書いた通り、この関連コンテンツユニットは全員が使用できるユニットではない。早くベータ版から一般開放されるのが待ち遠しい人もいると思うが、ある一定の条件を満たせば使用は可能。

その条件とは?!

これはアドセンスの審査とかでも言える話なんだけど、ネットに転がってる情報なんかあてにしたらダメだ。

あくまで自分の体験を元に憶測で書いていたり、同じネット上からソースを集めて書いてある事が多いので、あんなもんで一喜一憂しているのは無駄だと思う。

この関連コンテンツもアクセスがこれ以上とか、ページ数がこれ以上ないといけないとか書いてあるけど、Google様の公式ページにその具体的な数字が記載されているわけではない。

ちなみに僕が許可されたサイトはアクセスも乏しく、ページ数もめちゃくちゃ少ないサイト。

でも、関連コンテンツが使用できる。

関連コンテンツが開放されたら気をつけること

僕が運営するサイトの一部も関連コンテンツが使用できるようになった。

確認方法はGoogleからメールで通知が来るか、管理画面の最適化から確認するか、もしくは広告ユニット作成画面で直接確認するか。

色々な確認方法があるのでこまめにチェックすると、おっ!いつの間に!ってこともある。

1年位前に関連コンテンツが使用できるようになったドメイン。即効で広告ユニットを作成し、サイトに貼り付けたのを今でも覚えている。

最初は広告が表示されないんだよね。しばらく(10日前後)だったかな?管理画面から作成済みの関連コンテンツ広告ユニットの編集画面。ここに広告で収益化するというボタンが表示されている。

まだか!?まだか!?とお待ちかねの方は毎日チェックしよう!僕は2時間に一回はチェックしていた。

嬉しさのあまり記事下に設置した関連コンテンツ部分をページ上で何度も確認したり、表示される自分の記事をクリックして気分を味わったり…

いえい!ってな感じの日々をしばらく続けると、

あれ?どのサイトにもアドセンスの広告が表示されていない!?

あれ?キャッシュを削除しても、何しても表示されない。

おっかしいなぁ〜って思いながら何気にメールを確認すると、まさかの!

Google様からのアカウント停止のメールをしっかり着信していたわけで。

・停止理由は無効なクリック(自己クリック)

・停止期間は1ヶ月

自己クリックには細心の注意を払い、家族、身内にも口を酸っぱく言い続けてきた。それなのになぜ?!

理由がわからないまま異議申し立ても不可と書かれたメールを読み返し、呆然と1ヶ月を過ごしたな〜

その期間に他の広告も導入したりと、色んなテストが出来たから結果的によかったのかもしれない。けど、そんなはずはない。

その時に試したのが、nend
と、忍者AdMax

恐ろしく単価は低いけど、貼ればいくらかにはなるわけだから、貼らないほうがマシって考えは収益化する者の考えとして賛同できない。

1円でも多く儲けましょう〜

アカウント停止の自己分析結果

アカウント停止期間中もモヤモヤが収まらなかったので、同じ境遇の人はいないか?ネットで探しまくった。その当時は僕もネットの情報を結構あてにして一喜一憂していた時期。

と、そこで面白い記事を見つけたのが、関連コンテンツに表示される自分の記事をクリックするという行動。

僕は嬉しくて自分のページを回遊しまくっていたんだけど、おそらくコレが原因じゃないだろうか?という結論に至った。

確かにアカウント停止前に恐ろしいほどクリックしていたし。

それに、関連コンテンツに表示される自分の記事をマウスオーバーすると、リンクURLがきっちりgoogleドメインになっているんだよね。

やられた。

これしかなかった。

これが原因かの信憑性は不明だけど、おそらくこれに違いない!という結論に達したので、今後関連コンテンツを開放された同志達が同じ目に遭わないように記事にしてみた。

え?普通クリックしないだろ?馬鹿じゃね?って?

億万長者目指すなら!海外取引所(日本語対応)