アフィリエイト集客にも有効!Yahoo!「スポンサードサーチ」「ディスプレイアドネットワーク(YDN)」がオススメの理由

広告関連

WEB会社をやっていると、広告に関するマーケティングや広告の掲載についても仕事の領域になる。

制作を依頼されたクライアントから相談をされる事も少なくない。主流となっているキーワード広告やバナー広告なら迷わずGoogleアドワーズをイメージする人が多いと思う。

しかしそこは慎重に!

日本の主流検索サイトはGoogleとYahoo。それぞれ持ち味があり、それぞれターゲット層や利用層なども違う。

そこで今日はYahooが提供するスポンサードサーチ(r)
(キーワード広告)、ディスプレイアドネットワーク(バナー広告)について書こうと思う。

Yahooディスプレイアドネットワーク(YDN)は日本のインターネットユーザーのうち約80%が利用するYahoo!JAPANに画像広告を掲載出来る優れもの。

効率よく会社や自分の売りたい商品・サービスを訴求できるので超オススメできる広告手段。

Yahoo「スポンサードサーチ」とは

このスポンサードサーチ(r)
は、Yahoo!JAPANを利用してキーワード検索をした時、その検索キーワードに対して検索結果ページに表示される検索連動型広告(リスティング広告)。

検索結果の上位3つくらいが、このスポンサードサーチ(r)
の広告になる。

こんな感じ。

ほぼほぼGoogleと一緒。

スポンサードサーチの特徴

L SEO対策よりも素早く検索キーワードに合わせてサイトを上位表示できる

L ターゲットを絞り込んで広告をを展開する事ができる

L 専用管理画面で広告出稿をいつでも管理&検証できる

Googleアドワーズを使用したことのある方なら要領はほぼ一緒なので、スグに広告を配信できる。

初めての場合でも専用管理画面がわかりやすくできていて、ヘルプやサポートもあるので難しくない。

出典 YouTube

Yahoo「ディスプレイアドネットワーク(YDN)」とは

スポンサードサーチがキーワード(テキスト)での広告に対し、ディスプレイアドネットワーク(YDN)は、Yahoo!ニュースやヤフオク!などのYahooが提供する様々なサービス、コンテンツページに掲載されるバナー型の画像広告。

それとは別に、Googleアドセンスと同じ感じでYahooにもクリック型の広告サービスがある。

ブロガーの間などではアドセンスが主流になっているので、Yahoo版のアドセンスはお目にかかる機会は少ないかもしれない。

しかし、それじゃやっぱり配信先の多いGoogleのアドワーズの方がいいんじゃない?って思う人もいるだろうけど、Yahoo!プロモーション広告
は大手ニュースサイトや大手企業が運営するサイトでかなりの配信数がある。

例えば、まとめサイトのNAVERはほとんどYahooのプロモーション広告になっている。

※Googleアドセンスと違って、Yahooのクリック型アドネットワークをサイトに設置するには法人契約が基本。

ちなみに僕の会社でも提携しているので、こんな感じでYahooの広告を出すことも可能。


配信される広告もアドセンスと同じ内容が多いし、もちろんYahooにしかない広告もあるので十分にインプレション数やクリック数も期待できる。

ディスプレイアドネットワーク(YDN)の特徴

L バナー広告が使える為、視覚的なアプローチが可能

L テキスト広告よりも配信の幅が広いためにクリック単価が低い

L YDN専用の管理画面で広告出稿をいつでも管理&検証できる

ディスプレイアドネットワークの特徴はとりあえずクリック単価が低いので、テキスト広告よりもかなり多く広告を配信できる。(5円〜10円くらいの幅も可能。)

アドワーズでも画像広告などはクリック単価が低いから、1,000円の予算でもかなりの数を配信できる。

アフィリエイトでも活用可能!

もちろんこの広告配信システムはアフィリエイトサイトでも可能になるので、アフィリエイトの集客にも活用できる。

アフィリエイトサイトの集客方法と言えば、SEO対策や関連サイトからの被リンク、SNSなどが主流になるが、扱う商品の単価や売上見込の数値によってはお金をかけて広告を配信することも視野に入れるべき。

十分に元は取れるから。

特に扱う商材によっては年齢層や性別などターゲット設定が必須の商材もある。

Googleを使用するユーザー、Yahooを利用するユーザー。

それぞれの層に合った形で広告を配信していくことが結果に結びつく肝になる。

Yahooのユーザー層

img via Yahoo

去年だったかな?ヤフーショッピングの出店が完全無料になり、一気に出店数が増えて今では大型モールサイトへの復活を果している。

楽天やAmazonが伸び悩む中で、Yahooショッピングは勢いがいい。

そういった効果や、ヤフー知恵袋、ヤフーオークション、様々なアプリの提供で、若い世代にも定着している。

基本的にはパソコンからの利用者が多いのが特徴。

スマホでパッと検索をする時と違い、パソコンだと色んな情報を見ながら検索をしたり、その内容を閲覧することができる。

そういった点ではYahooはGoogleよりも優れていて、トップページを見ても様々な情報が得られるのでYahooユーザーは何気に多い。

アドワーズで中々効果が出なかったり、競合が多く単価が膨れ上がっている場合などはYahoo!プロモーション広告
広告を試してみる価値は十分にある。

予算も自分で決められるし、上限クリック単価も設定できる。もちろん管理画面から最適なクリック単価や上位表示に必要な情報などもサーチできるので使い勝手はいい。

登録は簡単なので一度試してみる価値は大いにある!

更に今なら

・専門スタッフが貴社の画像広告をプレゼント!

・さらに、最大30万円の広告料金もプレゼントするお得なキャンペーン実施中

見逃すな!